顧客1人あたりの平均単価を増やす

これは、扱う商品の単価を上げることでクリアできます。
簡単ですね♪

で・す・が!

一般的には、安い商品よりも高い商品の方がコンバージョン率は下がります
商品には適正価格があるので、一概には言えませんが・・・

例えば、あるスーパーで1玉150円でキャベツを売ってました。
かなり微妙な金額です。
緊急性がなければ、きっと買わないでしょう。

でも、次の日には1玉100円でキャベツが売られてました。

2日間のコンバージョン率を比較すれば、確実に2日目の方が高いはずです。

結果として、売上全体で見ると
『単価を上げる前の方がよかった!』
なんて話をちらほら聞きます。

その辺の兼ね合いが難しいところですね( ̄へ ̄|||)

適正価格を見極める目を養えるよう、日々、情報収集を欠かさないことが大切ですね♪

最後に、応援よろしくお願いします☆

人気blogランキングへ

ありがとうございました☆
コメントを残して頂ければ、僕はどこにでもすぐに駆けつけます!

| コメント(0) | トラバ(0) | ネットビジネス基礎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ranking.gif
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。